1人の時間 素朴な満足

今は夏休みの真っ最中だから、嫁と子供が実家に帰っていて、自宅で1人の時間を過ごしている最中である。

 

今日は11時ごろに目を覚まして、いつもの寝起きのプロテインを飲んでから二度寝をした。起きたら風呂に湯を張って、半身浴をしながら読書をして1時間ほど過ごした。

 

そうこうしていると、半身浴で血流が良くなったからなのかお腹がとても空いてきて、冷凍してある鶏の胸肉とブロッコリーをレンジでチンして、マヨネーズと醤油と八味唐辛子を少しずつつけて、食べる。

食べたいものを、食べたい時に、食べたい量だけ、食べたいように食べる。文字にしてみると大した事では無いように見えるが、とても恵まれていると感じる。

 

美味しく食べているとビールが飲みたくなってきて、冷蔵庫で冷やしている缶ビールを開けて飲む。風呂で読んでいた本の続きを、また読む。音がないと少し寂しいので、自宅のテレビに繋いであるAmazon TV StickでYouTubeを起動させ、70年代ソウルのミックスを薄く流してBGMにしている。心地いいと感じる。

Best of the Best 70's Classic Soul Music Mix - YouTube

 

そうこうするうちに、なんとなく書き留めたくなってブログに辿り着き、今に至っているというわけだ。

 

そして書いている最中に、またこの酒を作る。炭酸だから、ステアは優しく一回だけ。スプーンを抜くときは、氷をそっと持ち上げるように。バーテンダーのバイトをしていたときに教えてもらった。

https://www.instagram.com/p/BXsFvQtHYsp/

this is what I like!! ボンベイサファイアは最高です #酒 #alcohol #bombaysaphire #ボンベイサファイア #オランジーナ #orange

 

正直に言うと、一人で時間を過ごすことを寂しいと感じることがあるにはあるが、寂しいからという理由で人に会うのはしないことにしている。その人に会いたかったり、一緒に何かをしたいから会うようにしている。

 

一人の時間をじっくり味わうことでこそ、誰かが自分の横にいて一緒にお話をしてくれることの有り難さが際立つというものだ。生粋のリア充さんや、いつも誰かがそばにいる人にとっては全くわからない感性だろうと思う。

 

今日のように、心の赴くままに繋ぎ目や邪魔が無く、緩やかに行動していける日は、なんと恵まれていることか。

 

ちなみにこの記事に結論はない。少し酔っているだけだ。さて、読書に戻ろう。 あ、映画も観たい。

緊急企画!中尾先生と遊ぼうの会 (ご本人了承)

数日前に、弁護士の中尾先生と僕がこんなツイートのやり取りをしていました。

ツイッターで相互フォローをさせてもらっている方です)

 

 

上記ツイートで激しく行きたくなった「これ」とは、コレです↓

japan.cnet.com

 大阪初のVRアトラクション施設!!VR空間の中で動き回って、迫りくるゾンビを撃ち殺す遊びだそうな。VR童貞にとって面白くないはずがない。お盆休みに入ると激混みするに決まっているので、その前に行くしかない。

 

事前予約制ではなく、当日受付制。最大6名の同時プレイ。関恋工のメンバーは皆なかなか忙しいようで、現時点で集まっているのは3名。

幹事:僕

主賓:中尾先生

参加:副業戦士マコ(旧パコ)さん from 関恋工

 

 というわけで、参加される方を最大3名を募集したいと思います!以下概要です。

 

-----------------------------------------------

■弁護士の中尾先生とVRアトラクションで遊ぼうの会  feat.その後近所でビール

日時:8/9(水)19時頃

場所:https://tempo.sega.jp/tnsb/vr-area_abeno

費用:

・VRアトラクション参加費2,000円 ※現金のみ、カード不可

・その後の飲み会代 (近所の居酒屋)

 

応募条件:

・中尾先生もしくは僕と相互フォローの方、またはフォローしてくれている方

・ツイートから日頃やっていることや人柄がなんとなく見える方(僕の主観です)

・当日までの連絡を取り合うことができて、ドタキャンしない方(念のためです)

 

応募方法:僕宛にツイッターでDM(開放してあります)

期日:8/8(火)中

-----------------------------------------------

 

いち早く旬でZero to Oneな体験をして、アポでの会話ネタにでもしましょう笑

お待ちしております! 

行ってはいけない

大阪ローカルネタだが、決して行ってはいけない床屋さんを紹介したい。

先日、久しぶりのストリートナンパで即日ゴールを決める直前の話なのだが、

熱帯夜にBody&SoulしてWhite Love3回発射してSteady化する話 - ri_supersaiyanのブログ

 

少しでもルックスを良くしようと思い、床屋さんでプロの顔剃りを受けてヒゲをツルツルにしようと思い立ち、下記の梅田の床屋さんを調べて足を運んだ。

ティーズギャラリー(T's gallery for men's)|ホットペッパービューティー

 

(これは、本来であれば湘南美容クリニックなどで永久脱毛をして顔ヒゲが生えないようにするのがベストソリューションではあるが、その次善策として考えついたものである。)

 

結論を言うと、剃り残しはあるわ、肌は赤くなるわ、眉毛の形を変えないでくれと言ったにもかかわらず、眉毛を短くされる始末。話を聞かないし、クオリティーも低い。よって、この床屋には決して行ってはいけない。

 

(赤くなった肌を誤魔化すためにとあるアイテムを使ったのだが、これはまた別の記事でお話することにする。)

 

ただ、顔ヒゲの永久脱毛をしていない男性にとっては、アポ前やナンパ前の顔剃りによってその日に伸びたヒゲをきれいに剃り落とすことができたとしたら、それはルックスの向上に繋がるだろうと思う。即日ゴールができたとして、翌朝のルックスにも繋がってくる。なので、今後も顔剃りが上手にきれいにできる床屋さんを探し求めるつもりだ。

 

もし顔剃りが上手な床屋さんの情報があれば、ぜひご教示くださいm(_ _)m

熱帯夜にBody&SoulしてWhite Love3回発射してSteady化する話

この記事を書く本日は爽やかな日曜の朝ですが、去る金曜の夜にせっかくナンパで弾丸即日ゴールができたので、ザザーッと振り返ります。そんなの日常茶飯事だよ、という方にとっては何の変哲もない記事なので、そーっとブラウザを閉じてください。

 

「今週の金曜夜は遊ぶ」と予定も心も決めていたので、この日がオナ禁4日目で性欲がマックスになるようにオナニーマネジメント。せっかくゴールしても超早漏の体たらくとなるわけにはいかないので。

 

予め、まずは出張だということにして、当日の夜は家には帰らないということに。これで嫁からの連絡は来ずに集中して遊べる。どこへ出張とは言わず、尋ねられた場合のみ、「●●に行っていたよ」と答える準備だけをしておく。これはいつも必要なことだが、想定問答集を作っておく。

 

週末のラブホテルは高くてイヤなので(先日の逆3ラブホで懲りた…)、ラブホ街近辺のビジネスホテルの一室を予約。これでコストは約半分。チェックインして部屋に飲み水とお酒を用意し、コンドームを枕の下に仕込んでおく。この時点で当然見込み案件ゼロ。ナンパ前のホテル事前予約は先行投資。これで気合いが入る。

 

ミスター恋愛工学まとめ、くまの氏のありがたい図らいで、関恋工の有志メンバーで集まりクラブに突撃した。早速ナンパするがガンシカや塩対応の嵐。クラブに居る、男を値踏みするような女をアトラクトするルックスやトークは、今の自分には無いことを突きつけられた。怒りのストナンへ移行。

 

当初はクラナンからの即日ゴールを狙っていたため、カバンは予めホテルに置いて手ぶらだった。カバンをロッカーに預けると連れ出し時の流れが崩れる恐れがあると思ったからだ。しかしストナンに移行して、「仕事の飲み帰りで疲れましたよね〜」という設定の声掛けをしていたが、手ぶらだとリアリティが無いと気付き、途中でカバンを取りにホテルへ戻った。夏の夜にセックス相手の女を求めて彷徨い歩き回るのはとても暑く、体力を非常に消耗する。飲み物と軽食を携えてやらないと本当に身体に悪いとわかった。歩き過ぎてふくらはぎが攣りそうになった。水ではダメだ。麦茶でミネラルを補給したり、アミノ酸系の飲料を選んだ。軽食はウイダーインのプロテインバー。kaiさんストイサムくんとナンパするがオープンしない、もしくは塩対応。

各自ソロナンパでLゲや連れ出しはチョボチョボと。しかし、残念ながらゴールにはつながらない。ガチのナンパ師さんやソロストナンを習慣にしている人にとっては、夏の夜の体力的な過酷さなんて当たり前だよ、と思われるかもしれない。僕には、こういう経験は無くはないが久しぶりだったので、改めて勉強になった。

それで、街の死に方と自身の体力に限界を感じてトリキ即。実はクラブに入店する前もトリキに居たので、これでトリキ2即目だ。女は0即だと言うのに。

入店時は、もう疲れた、これで帰ろう、という空気だった。焼き鳥、卵、ポテトサラダで体力の回復を図る。ガンシカや塩対応や肉体疲労、そしてゴールできないことへのあまりの怒りに、十何年ぶりに中指を立ててしまう始末。後にこの中指が女性のオマーン国に吸い込まれることになるとは、この時点では誰も知る由もない。

 

それで、トリキを出て、もしいい女性が居たら声をかけようと歩いていたら、一人いた。今までのガンシカや塩対応がウソのように、すーっとレールに乗るように連れ出し先へ。「あ、これはいつもうまくいくときの、あの感覚だ」ということを感じた。英語で言うところの"magnetic" 、僕の好きな単語だ。R&B曲の歌詞ににしばしば登場する単語で、磁石のように惹かれ合う、とでも言うのだろうか。そういう感じだった。連れ出し先は、週刊金融日記のメルマガ153号に投稿した24H営業のバーだ。昔に開拓した店が、今の自分を助けてくれた。

週刊金融日記 第153号 恋愛工学が世に知れ渡るとどうなるか、日経平均15年ぶり1万9000円、修善寺の500年続く温泉宿、恋愛工学への批判に対する感想、他 | 藤沢数希 | note

 

連れ出した女の子に話を聞くと、ガールズバーでの勤務の帰りで漫画喫茶にでも泊まって帰ろうと思っていたとのこと。本業以外にガールズバーと、もう一つクリエイティブな仕事(今はまだ稼げていないが地道に取り組んでいる)をしているとのことで、3足のわらじだ。興味を持った。お酒を飲みながら、「オレ、仕事で部屋取ってあるしベッドあるから行こう。押し倒して無理やりセックスとかはしないから」と言って、セックスを連想させる。もちろん、事前に過去の恋愛やセックスの話をさせた上でだ。バーのカウンター席だったのでDK&CTはしなかったものの、このトークのレールに乗ると「セックスはもうすぐだ」という気がしてくる。が、焦るながっつくなと、声のトーンや表情に気をつけながら振る舞う。某高級ビジネス誌の恋愛工学特集記事においてACSモデルのSフェーズのページを担当した僕としては、自分の実際のSフェーズで取りこぼすことなんてあってはならないことだった。

【袋とじ】監修・藤沢数希 禁断の[恋愛SEX]工学 | 日刊SPA!

chapter5-2 ACSモデル|ぼくは愛を証明しようと思う。|藤沢数希|cakes(ケイクス)

結果的には無事にホテルまで手を繋ぎながらテクテク歩き、特段断りもなくゴールすることができた。予め飲み物やコンドームを仕込んでおいたおかげで、室内では一切ゴソゴソモタモタせず、スムーズにことを運ぶことが出来た。少し前まで怒りで天にかざしていた中指を彼女に入れた。その時点から予感はしていたが、いざ挿入してみると中の具合が大変素晴らしかったので、11時のチェックアウトまで、睡眠を挟んで計3回貫いてやった。セックストリガーを引けるだけ引いて、また会いたいと思ってもらいたかったからだ。

週刊金融日記 第146号 セックストリガー効果発現条件に関する実証研究、ECBがQE発動、赤坂でフレンチとワインのマリアージュ、最終抵抗解除ルーティーン、他 | 藤沢数希 | note

いや、それよりも単純に気持ちが良かったから、繰り返ししたかった。上述したオナニーマネジメントのおかげで、酔っていたが勃起には何の問題も無し。3回とも異様に大量の精子が出て、「なんかすごく男らしいです」と言ってもらえた。褒め言葉として受け止めた。

 

チェックアウト後はカフェで一緒に遅めの朝食を摂りながら彼女のお話を聞いていると、数日後に実家を出て一人暮らしを始めるとのことで、次回はヨネスケアポになりそうです。引越し祝いに酒でも持参して、彼女には晩ご飯でも作ってもらおうと思います。

https://i2.wp.com/anincline.com/wp-content/uploads/2016/02/3d2684d9280cae6888399b10737d174b.png?fit=400,309

 

※本記事のタイトルは、ぢーざす神よりご提供頂きました。

 

※以下、ツイッターで頂いた反応を紹介します。

 

 

kaiさんとステイサムくんのブログで、同じ一晩のことについて別の視点から語られています☻

 

「言わなくてもわかるよね」教の信者は絶滅せよ

僕がなぜこんなツイートをしたのかは本記事の最後に持ってくるとして、「言わなくてもわかる」について語ってみたいと思う。

 

まず先に言っておくと、このテーマはレベルが低い。なぜなら、これは対人関係、コミュニケーションのあまりにも基礎的なテーマであって、例えば価値の高め方や価値の広め方などの、遥か手前の段階の話だからだ。それで、僕の立場を最初に明らかにしておくと、

「基本、言わないことは伝わらない。伝えたいことはきちんと言葉にして伝える。

もし言わなくても理解してもらえたら超ラッキー、ありがとう!」

である。

 

対人関係、コミュニケーションのうち、まずは公私の公、ここでは仕事について考えてみる。

 

ある程度の年数を重ねた社員は、ある程度の自律判断で、ある程度の仕事をできるようになる。気をつけなければならないのは、その社員の自律判断による仕事の結果が、会社もしくは指導する立場の自分が抱く要求水準を下回った時だ (上回ってくれた時は、心からの感謝を込めて賞賛すればいい)。

 

要求水準を下回った時は、上の立場の者がまず一旦立ち止まって深呼吸して思い返す必要がある。

・年度の初めに、会社としての要求水準を具体的に伝えてあるか?定期的にリマインドしているか?

・単発の仕事を依頼した際に、要求を具体的に伝えたか?不明瞭な依頼や指示ではなかったか?

・依頼を受ける人間の能力からかけ離れた業務依頼ではないか?

・依頼した仕事が遂行されている最中、部下からの質問にきちんと正面から応えたか?(自分の仕事にかまけて片手間な態度にならずに)

具体的に、というのは言わずもがな6W2Hである。最低限は、いつまでに、だれが、なにを、どうする。

上記はいずれも基礎的なことだけど、だからこそきちんと振り返る必要がある。 なぜなら、依頼したこちら側にも責任というものがあるからだ。また、場合によっては相手に変な言い訳をさせないために、真っ先にこちら側には落ち度がないことを確認するのが大人の喧嘩のやり方にも繋がってくるからだ。

 

大切なのは、仕事を依頼する側として、依頼される側の立場や能力を考えつつ、自分が要求する結果が思った通りに出るように、適切に段取りを仕向けているか、である。依頼相手が1人とは限らない。複数の相手に依頼するときなんて、気分はプロデューサーだ。

 

僕が言いたいのは、上記のような自己の振り返りを行わずに、要求水準を下回った時に一方的に叱責をするようのはクソみたいな横暴だということである。そんな横暴はせずに、つまづいたポイントや行き違いが起きたポイントを一緒に見つけてお互いに改善するのが、お互いにとって建設的なのは疑いようがない、と僕は常々思っている。

 

一方で、いわゆる会社組織やその他対人関係において周囲からの高い評価を受けるには、「言わなくてもわかる」の人になることが近道なのは真である。特に細かい依頼や指示を必要とせず、放っておいてもそれなりに大きい結果を継続的に持ってくる社員は、会社や上司からしたら指示が不要なぶん、対時間や対労力のコスパが高いし、気が利くヤツだということにもなるし、可愛いがられる。だから評価が上がる。僕自身、仕事においてはこういう人物像を常に目指している。ただこれは当人の意思でやっているからよいのであって、うまくいかなかった時、要求水準を下回った時に脊椎反射的に、「言われなくてもわかれよ!察しろよ!」と言うのは横暴であって、これを言われた側としては、考え方を強要された気がして気分が悪くなって相手に嫌悪感を抱くであろう。コミュニケーション不和は協業分業において結果や成果から遠ざかるので、破壊的なのである。また、曖昧な表現での指示や依頼を紐解いて確認していく作業は、時間と労力のロスでしかない。個人的には極めてストレスが高まるシーンである。

 

 次に、公私の私、プライベートについて。まずは友達関係。

 

親しい間柄なら、大なり小なり暗黙の了解というものが存在していて、その暗黙の了解のなかでコミュニケーションがズレなく成立していれば、何の問題もない(本当にズレていないのか、もしくは認識がズレていても表面的な結果だけズレていない、ということもあり得るが、ここでは問題として扱わない)。友達に対しては、「言われないからわからない」だったり、認識が合わないことがあれば、素朴な気持ちで質問をすればいい。

例えば僕が親しくさせてもらっている

ジェームズ・ロドリゲス (@James_Rod10RMd) | Twitter さんは、

テキストでのやり取りをしているとしばしば主語や目的語が抜けた文章を送ってくることがあるが、その際は「意味が理解できないから、主語や目的語を省かないでほしい」とはっきり伝えるようにしている。そのことで関係が険悪になることは特に無い (と、少なくとも僕は思っている笑)。

もちろん、友達同士でもお互いの貴重な時間を共有しているので、少なくとも自分発信においては、抜け落ちた意味合いの確認をする質疑1ターンで時間をロスしないようにすることや、相手が解釈に迷わない表現をすることをいつも心掛けたいと思っている (これは相手には要望をしてもいいけど、強要をしてはいけない)

 

ところで僕は、関西の恋愛工学飲み会である"関恋工"の幹事をさせてもらっているが、実はコミュニケーション、対人関係においてものすごく勉強になっている。約20名の日頃リアルで接点の無い様々な属性の人々(経営者、士業、勤め人、学生、小遣い戦士、クソリプ師etc...)を、一定の場所に、一定の日時で、一定の会費と支払い方法で、ある程度一定のノリで集めるのは、簡単なようで実は簡単ではない。「連絡をLINE一発送ってオシマイ」だと、淡白なムードがテキスト上で形成されるように感じて、せっかくの会合が盛り上がらない気がしてしまう。誰が読んでも間違えない文面や、最終情報の配信のタイミング。皆ヒマではないし見落とす人がいるかもしれないから、早すぎても遅すぎてもいけない。会場の楽しめそうな情報(例:旬の●●食べ放題 等)があればグループLINEで共有する。会場候補に電話をして対応が悪ければその時点で候補から外すし、お店の下見の際に店員と会話をして、料理や料金に間違いがないか確認をする。もし間違いがあると、せっかく参加してくれた方に迷惑が掛かるかもしれないからだ。また、ノリが間違った人が参加してしまってもお互いに噛み合わず楽しめず不幸なので、勝手ながら僕の判断でスクリーニングをしている。

これらは全て、参加者や店側とのコミュニケーションだ。言わない限りは伝わるはずのないことを、受け手が分かるように言う。これは幹事業に限らず、対人関係の基本かもしれない。コイツ細かいな、と思われるかもしれないが、上述した、自分が要求する結果が思った通りに出るように、適切に段取りを仕向けているか、に関しては、仕事と関恋工の飲み会の幹事業は、なんら変わりがない。

 

参考記事↓ 

関恋工への僕のスタンス | スーパーサイヤさん | note

 

次に、公私の私の、家族、というか僕の嫁の話につながってくる。これが本記事の冒頭にあるツイートのきっかけである。リマインドとしてもう一度貼っておく。

 

背景を簡単に言うと、朝に嫁が熱を出してしまい、子供達の朝ごはんになるものを急いでコンビニで買ってきたら、「何で昼と夜のぶんは買ってきていないの?」と言われたのだ。嫁の言い分としては、「私の体調不良で朝ごはんが作れないんだから、昼と夜の分も買ってくる必要があるに決まってるよね。そんなこと言われないとわからないの?」である。「言われなくてもわかるよね」教の信者そのものでしかない。そして、「買ってきてくれてありがとう」が、無い。感謝を忘れて、旦那から何かをしてもらうのが当たり前だと思っている。きっとこの程度の嫁は世間に腐るほど居るだろう。「それはアンタの気が利かないだけだぜ、サイヤさんよぉ…」という批判は受け付ける。

 

しかしここでハッキリ言っておくと、「言わなくてもわかるよね」教の信者は、全員がもれなく自意識過剰である。鬼のような嫁も、エラそうな上司も、高飛車な女も全員そうだ。彼らには、「自分から言わなくても、相手は自分が言いたいことや考え方をわかってくれていて、1言えば10伝わって、やってもらって当然」という考えが脳の中で肥大化して染み付いている。おそらく、周囲の人々(家族、恋人、部下etc...)に甘やかされて、大して面白くない話にフンフンとした相槌や過剰なリアクションを受け続けていると、周囲のそれらの反応が当たり前だと信じて疑わないようになるのだろう。そして、周囲の反応が自分の当たり前の水準に達しないと、脊髄反射的に怒りを表明する。ちなみに僕の上司は、立場が上がるに連れて部下にチヤホヤされ続けた結果、話がどんどんつまらなくなって、何を言っているのかなかなかわからない人になってしまった(なんと結論が最初ではなく話の最後に来る!)。

 

相手が誰にせよ、考えてることを聞かずに理解するなんて、わしゃエスパーか!と突っ込まずにはいられない。自分の意思や好意で、相手を察するエスパー力(りょく)を発揮するぶんには良いが、エスパー力を相手から強要されると極めて不愉快である。上述したが、考え方を強要された気がするからだ。こういう輩に限って、発揮してもらったエスパー力をに全く感謝をしないものだ。なので、ぜひとも絶滅して頂きたい。

 

 「言わなくてもわかるよね」教の信者は世間に一定数存在するので、うまくやっていくかやり過ごすしかないが、「言われなくてもわかる」を実践するには観察と経験と、何よりわかろうとする側の自発的な意思が必要とされる。これは労力でありコストだ。いつでも誰に対してでも無限に差し出せるものではない。

 

 だからこそ、僕と会話をしてくれる人たちが僕の話を聞いてくれている時には、なるべく迷わずに小さい労力で理解をしてもらえるよう、心がけて行きたいと改めて思うのである。そういう意味で、「言わなくてもわかるよね」教の信者は、僕に大切なことを教えようとしてくれているのかもしれない。でもやはり、絶滅して欲しい。バルス!!

 

-----------------------------

以下、ツイッターで頂いたコメントを掲載します。

 

 

 

 

 

 

 

Youtubeチャンネル開設しました

突然ですがyoutubeチャンネルを解説しました。僕の大好きな趣味である、音楽のリミックスです。

主に1980年代のディスコ曲を、1990年後半〜現在にリリースされた曲の一部を使って、現代的なサウンドにリミックスする、ということをします。

www.youtube.com

 

7/19に出させてもらったKaiさんキャス↓ で、youtubeチャンネル開設を突発的に宣言したので、有言実行です。

 
"DK&CT"という名義でこれからリミックス製作をやっていこうと思います。

なんか海外の2人組のアーティストみたいじゃないですか?笑

(超余談ですが、DKとCTはそれぞれ独立した単語として週刊金融日記のメルマガ上に存在していましたが、"DK&CT"という1つの単語として発言したのは、実は僕が初めてです。153号 ─大阪デートプロトコルといくつかのお店紹介)

週刊金融日記 第153号 恋愛工学が世に知れ渡るとどうなるか、日経平均15年ぶり1万9000円、修善寺の500年続く温泉宿、恋愛工学への批判に対する感想、他 | 藤沢数希 | note

 

僕の音楽リミックスは、下記のように過去に数回ツイートをしていて、恋愛工学界隈からはすこぶる反応が無いですが笑、そんなの関係ねぇです。自分がやってて楽しいからOKです。

 

というか、後になってピンときたんですが、もしかしたらツイッターに上がってきたDropboxのリンクって、なんか知らんけど開くのがカッたるくないですか?なぜかyoutubeリンクのほうが気軽に開きやすいのかなと。

 

youtubeチャンネルの開設なんて初めてやりましたが、予備知識ゼロからのスタートで、アップロード完了までだいたい1.5時間ぐらいでしたね。障害にぶつかったらGoogle検索で答えを見つけて突破できました。

新しいことをやるのは脳が疲れますが、そのぶん刺激的です。

 

今日はこれでお開き~

似合う服を着るには、良い●●屋さんに出会おう

昨日はケーゴさんからのツイートをブログネタにしましたが、今日はharukiさんのツイートから話題を繋げていこうと思います。

そういえば僕は元DJなので、繋ぐのが得意なのかもしれません。

 

 

大好評のharukiさんnote、皆さんと同じく僕も即ポチで読ませて頂きました。

スーツに関する基本を教えてくれたり、思い出させてくれる内容です。

スーツを着て仕事をする人は、おっさんじゃなくてむしろ若い人こそ即ポチすべきnoteです。

 

服装に関して、先日僕もこんなツイートをしていました。

 

f:id:ri_supersaiyan:20170714001048j:imagef:id:ri_supersaiyan:20170714001114j:image

 

スーツではなくポロシャツですが、ユニクロUの安いポロシャツのボタンを交換して、高コスパでカッコよく生まれ変わらせたわけです。これは、MBさんの有料メルマガのQAコーナーに相談して、アドバイスを頂いたことによるものです。

MBさんって?という方は以下を参照。

www.neqwsnet-japan.info

 

harukiさんのnoteにも書いてありますが、私服でもスーツでも、体格に合わないとかっこ悪いです。筋トレなどで身体磨きをしている方は、体格が一定ではなく、徐々に大きく変化していくでしょう。もしくは、怪我や病気で身体が小さくなることもあるかもしれません。

体格が変わるその都度でスーツやシャツを買い換えると高くついてしまうので、リフォームしましょうよ!というお話です。ある程度のサイズ調整は、リフォーム屋さんに持ち込めば可能です。(ここからは大阪ローカル情報です)

 

まず、オススメのお店を紹介。上記の僕のツイートにもあるこちらのお店。

www.redesign-closet.net

 

ポロシャツのボタン交換は当日対応をしてくれました。20分で完了。店員の方がボタンの大きさ、ボタンホールの大きさを確認して、交換後のボタンがやや小さかったため、ボタンホールを絶妙に小さく縫って狭くして、大きさをボタンに合わせて調整してくれました。事前説明が詳しく丁寧で親切。高感度◎です。

また、工房の様子が丸見えなので見ていて飽きず、非常にフォトジェニックです。待ち時間の間は、1杯400円のコーヒーを美味しいコーヒーを頂きました。リフォーム屋さんなのに、ソフトドリンクとアルコールを販売しています。珍しい。きっと、お客さんを飽きさせず、もう一度来たいと思ってもらえるような工夫なんでしょうね。

 

次に、オススメしないのがこのお店。

s-reform.co.jp

梅田店を利用し、シャツやパンツのサイズ調整を依頼しましたが、まあ対応が杓子定規。いきなり「何センチ縮めますか?」という聞き方をしてくる。違う、そうじゃない。

f:id:ri_supersaiyan:20170714001335j:image

何センチか縮めるのはあくまで結果に過ぎず、どこをどう調整すればカッコよく綺麗にその服を着ることができるのかを、客の僕としては知りたいし求めているわけです。ドリルが欲しいのではなく、穴が欲しいというやつですね。

で、調整した服を後日取りに行ったら、あろうことか白いパンツに対して黒い汚れを付けて返してきやがったので、こんな店はもう利用しない!と心に決めたわけです。

 

(あくまで僕個人の主観ですから、気になる方は実際に利用して確かめて見てくださいね。)

 

私服もスーツも、自分の身体にフィットするように調整しておけば、体格が変わってもカッコよく着ることができるし、その服を長く楽しめるというわけです。

 

シャツ1枚からで良いので、ぜひ皆さんもお近くの信頼できそうなリフォーム屋さんを探して、サイズ調整をしてみてくださいね。

 

今日はこれでお開き!